セフレが欲しい人必見!セフレ作りの2つのパターンとは

この記事は、セフレが欲しい男性に向けたセフレ作りの時の2つのパターンについて紹介しています。
これからセフレを作ろうと考えている人やなかなかセフレができずに困っているという人は、是非、下記を参考にセフレ作りに励んでみてください。

セフレってどんな関係?

セフレとは、セックスフレンドの略で体の関係のある友達です。
恋人ではなく友達なので1人とは限りません。

セックスがしたい時だけでなく誰かと一緒にいたい時など、単純にセックスだけが目的ではない場合もあります。

内なる欲を開放しやすく、時には心の支えにすらなってくれるセフレが1人いると、心に余裕が生まれて生活も豊かになりやすいです。

ではそんなセフレはどうやって作ればいいのでしょうか?

どうやってセフレになる?

セフレの作り方は大きくわけで2つのパターンがあります。
どちらがいいというわけではないので自分にあった方法でセフレ作りに役立ててみてください。

最初からセフレ目的

1つ目は最初からセックスありで関係を探す方法です。
出会い系サイトやセフレ募集掲示板、SNSなどを使うと探しやすいです。

とはいっても、特に男性がセフレの女性を探すのはなかなか難しいです。
セフレ希望の女性も実は少なくはないのですが、ルックスがよかったりお金持ちだったりとプラスアルファがないと厳しいのが現実です。

ただし、セフレは恋人とは違って一人に限定する必要のない関係ではあるのでどんな人でもチャンスはあります。
もし一度セフレになれたのなら、もともとセックス目的で知り合っているわけですから続けやすいというメリットもあります。

自然とセフレになった

多くの男性がセフレを作る場合はこちらの方法がベターになってきます。
女性はセックスをする際のリスクが男性よりも高いこともあって、不特定多数と関係を持ちたがりません。
例えセフレだとしても信頼できる相手だけに体を許すものです。

ですので友達として仲良くなって一緒に遊んだり食事をしている中で、いいムードになってセックスをするという可能性はあります。
女性も人間で性欲はあるので、1度セックスをしたら安心してこの人ならまたしてもいいかなとその後も体を許しやすくなります。

ただしこの方法の場合、お互いのセフレというものに対する価値観によっては長く続かない場合も多いです。
行為の後に「恋人に発展するのかどうか」という選択が待っている事を忘れないようにしましょう。

より親密な関係に

以上、セフレ作りの2つのパターンについてご紹介してみました。
現代はネットが普及したことで非常に様々な種類の出会いがあり、それぞれの関係性も多種に渡ります。

性欲というのはなかなか表に表しづらい欲求ですが、それを隠すことなく出せる場所があるとメリハリが生まれて、毎日のやる気にも繋がっていくものです。

そのためには相性なども大切になるので、積極的に出会いを求めてより良い相手を探す事が大切になります。