デートはすべき?セフレとの距離感について

セフレとの距離感はどのくらいが適切なのでしょうか。
セックス「フレンド」と言うくらいなので、多少はセックス以外でも良好な関係にいた方がいいような気もします。
セフレとのデートやプライベートへの介入など距離感についいて考えます。

デートをするか否か

セフレとの付き合い方で悩ましいのがセックス以外の時間の過ごし方です。
会ってすぐにセックスをしてすぐに解散というドライな関係を貫く人もいるかもしれませんが、気分を高めるためにもその前後の過ごし方も重要になります。

過剰なデートはセフレのメリットを失わせますし、他に本命がいる場合は浮気を疑われるリスクが高まります。
せいぜい軽い食事にする程度に留めておいた方が無難でしょう。

プライベートについて知っておくべきか

特に出会い系などで知り合い、今まで接点がなかった相手の場合、どこまで相手のプライベートを知るべきでしょうか。
結論としては相手が話してきたことは聞くけれど、こちらからいろいろと質問をしないのがマナーです。
日常を忘れたくてセフレを作っている場合もあるので、深入りはしないようにしましょう。

ただし、相手に旦那さんがいるかなどは、連絡の取り方も変わってきますので確認をしておく必要があります。
同様にこちらの情報も必要以上に出すことはないです。

セフレと恋をしないためには

身体を重ねているうちに段々と情が湧いてきてしまうことは考えられます。
実際にセフレきっかけから恋人になったというカップルも珍しいことではありません。

しかし恋愛感情を抜きにしていセックスをするのがセフレの気楽さです。
お互いにフリーでセックス以外の相性も良ければいいですが、そうでない場合は恋心はセックスを楽しめなくなる要因になりかねません。

それを予防するにはやはり相手のプライベートはあまり知らないことです。
相手を知りたいと思ってしまいだしたら関係は崩れはじめていますので、その思いを頭から締めだすか、セフレ解消を考える必要があります。

セフレとは距離感が大切

セフレとの関係を楽しむのであれば、距離感は大切にしなければなりません。
必要以上の干渉は良好な関係を崩すことになります。
相手のことをもっと知りたい、もっと仲良くなりたいと考えないようにするのがセフレと長続きさせるコツです。